楽天銀行の住宅ローンフラット35(35S)の借り入れ

楽天銀行が提供する住宅ローンの中に、住宅ローンフラット35という金融商品があります。
これは、最高8000万円まで借り入れが行える住宅ローンとなっており、業界内でも最低金利です。
今回は、楽天銀行の住宅ローンフラット35についてご紹介します。

フラット35取扱金融機関

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

楽天銀行の住宅ローンフラット35借り入れの特徴

楽天銀行が提供している住宅ローンフラット35の特徴は、自宅で契約をすることができるという点です。通常、住宅ローンを組む場合は、銀行へ足を運び様々な面談を重ねたうえで、融資するかどうかが決定されます。しかし、楽天銀行の場合は、インターネット専業銀行であるため支店を持っておらず、インターネット上で手続きを完了させてしまうことができます。これならば、忙しいサラリーマンの方でも土日に自宅から、住宅ローンの申し込みをすることができますので、大変便利です。
また、もう一つ特徴があります。それは、業界最低金利という事です。住宅ローンフラット35を取り扱う銀行は多く存在しますが、この銀行が提供している金利は業界最低金利となっており、さらに繰り上げ手数料や保証料がいらないという大きなメリットがあります。

楽天銀行の住宅ローンフラット35Sの借り入れ条件

楽天銀行の住宅ローンフラット35を借りる条件は下記の3点です。

【1】借りる時の年齢が満70歳未満であり、完済時の年齢が満80歳未満である人
【2】日本国籍または永住権などを取得している外国人
【3】当住宅ローンと他社借り入れを含めた返済割合が一定割合の人
上記を全て満たしている必要があります。

一番わかりづらいのは、3番目の「返済割合」です。年収が400万円未満の人が、この住宅ローンと他社借り入れを含めた年間返済額が30%未満の人、年収が400万円以上で35%未満の人が借り入れできるという事を意味しています。
また、住宅支援機構の定める技術基準を満たしている必要があり、かつ、対象地域に住んでいるという人が住宅ローンフラット35の融資を受けることができます。

楽天銀行の住宅ローンフラット35借り入れ時の必要書類

住宅ローンフラット35を申し込む場合、いくつかの必要書類があります。

【1】長期固定金利型住宅ローン申込書
これは、住宅ローンフラット35の申込書ですので必ず必要となります。
【2】個人情報に関する同意書
個人情報を取り扱う旨が記載された書類で、同意をしないと申し込みを進めることはできません。
上記の2点は、必ず必要となる書類で、同意が無ければ手続きは開始できませんので注意してください。
【3】本人確認書類
住民票の写し、運転免許証・健康保険証のコピーが必要です。運転免許証を持っていない場合はパスポートでも構いません。
【4】その他
収入を証明することのできる書類、物件に関する書類一式、団体信用生命保険への申し込み書類、就業不能・失業信用費用保険などの書類も必要となります。

全てが揃った時点で、楽天銀行側から最終的な融資を行えるかどうかの審査が行われ、実際に融資がスタートします。

楽天銀行フラット35の住宅ローン金利一覧ページはこちら
楽天銀行フラット35の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら
本当は知ってほしい!楽天銀行のスゴいところ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加