住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの諸費用・手数料について

住信SBIネット銀行(フラット35)の住宅ローンで必要な諸費用には、印紙税や登記費用があります。
また手数料に関しては、借り入れ時もしくは返済時で仕組みや金額が異なります。
実際に利用するときに確認しましょう。

フラット35取扱金融機関

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン借り入れ時に必要な諸費用

住信SBIネット銀行(フラット35)で必要になる諸費用には、印紙税や登記費用、火災保険料、機構団体信用生命保険特約料が含まれます。そのうち火災保険に関しては、利用者自身で手配する必要があります。
印紙税は住宅ローンの借り入れ金額によって、印紙税の金額が異なります。100万円から500万円までの範囲で借り入れをする場合は、印紙税が2,000円かかります。5,000万円以上と非常に高い金額で借り入れをする際は、60,000円かかります。
ここでいう登記費用とは、登録免許税または司法書士への報酬や登記にかかる費用を表します。登記の方法を問わず借り入れの対象となる物件には登記費用が必要になります。登録免許税や司法書士への報酬は、実際にいくらかかるか確かめてみましょう。

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン繰り上げ返済などにかかる手数料

住信SBIネット銀行(フラット35)の手数料は、借り入れ時もしくは返済時に必要になることがあります。
住宅ローンの繰り上げ返済に関しては、一部もしくは全額の場合いずれも手数料が無料となっています。手数料が無料ということで、繰り上げ返済がしやすくなるのではないでしょうか。
また、住宅ローンなどにかかる借り入れ金の年末残高証明書の発行手数料も無料となっています。必要なときに無料で利用できるので、安心して返済できます。
ちなみに、借り入れ時に関しては事務取り扱い手数料がかかります。借り入れ金額の2%にあたる金額に消費税額を加算した金額が必要になります。事務取り扱い手数料は、借り入れ金額から直接差し引かれます。

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン条件変更に関わる手数料

住信SBIネット銀行(フラット35)の住宅ローンを利用していく中で、返済時に条件変更をするときに手数料が必要なのかどうか気になるところです。生活状況の変化によって、条件が変わることは利用者によってあります。

条件変更の種類としては、払い込み期日の変更、毎月払いもしくはボーナス払いとの併用の変更、返済金額の減額などがあります。変更する際は事前に今後の状況をシミュレーションしてみましょう。

手数料は金融機関によって異なります。住信SBIネット銀行(フラット35)の場合は、返済条件を変更しても手数料はかかりません。無料で変更できるので、返済しやすく手続きも簡単にできます。繰り上げ返済と同様に手数料が無料ということは、利用しやすいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加