じぶん銀行住宅ローンの諸費用・手数料について

じぶん銀行の住宅ローンは諸費用を借り入れることが出来たり、
事務手数料や繰り上げ返済手数料などを始めとする手数料などがかかります。
住宅ローンを利用する時に発生することがある登記関連費用もあるのでチェックが必要です。

ネット銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

じぶん銀行住宅ローンは諸費用も借り入れることが出来る

じぶん銀行の住宅ローンでは様々な税金や事務手数料、保険料、その他の費用などを諸費用として借り入れることが出来ます。
各種資金として借り入れすることが出来るのは、印紙税(売買契約書などに貼付)や登記にかかる登録免許税、司法書士、土地家屋調査士の手数料や、住宅ローンを借り入れる際に発生した事務手数料や火災保険料、地震保険料、不動産仲介手数料、引っ越しにかかる費用など様々な費用です。
じぶん銀行を利用し、これらの保険料や手数料、税金や様々な費用などが必要になった時には、その旨を伝えることで資金として借り入れることが出来ます。万が一の時に借り入れられることがメリットです。

じぶん銀行住宅ローン借り入れ後・繰り上げ返済など様々な手数料

じぶん銀行の住宅ローンを利用する際には大きく分けて事務手数料、証明書発行、繰り上げ返済、条件変更、固定金利の再設定といった様々な手数料が必要になる場合があります。
事務手数料の場合だと申し込む時に借入金額×2.16パーセントがかかり、借入金を自分の口座の円普通預金口座に入金され、自動的に引き落とされる仕組みとなっています。そして証明書発行は残高、利息、取引記録照会の3つに756円がかかります。さらに繰り上げ返済では一部繰り上げ返済だと手数料は無料となり、全額繰り上げ返済の場合だと、変動金利適用中だと無料であり、固定金利適用中だと32,400円がかかりますが、契約単位で手続きを行うので複数契約される場合だと1つ契約するたびに同じ料金が発生します。

じぶん銀行住宅ローンの登記関連費用

じぶん銀行の住宅ローンを利用する際に発生することがある登記関連費用があり、土地付住宅の購入、住宅を新築にする時、マンションの購入、借り換えなど対象物件によって費用が異なる特徴があります。

土地付住宅を購入する時には新築か中古かどうかで変わり、それぞれ土地評価額や建物評価額、借入金額などの登録免許税や司法書士費用やその他の費用などがかかります。これらは住宅を新築にする場合やマンションの購入をする時、そして借り換えをする際でも同様であり、それぞれ金額も変動していきます。これらの費用は当方の司法書士などと自分との間で直接連絡を取り合うものであり、その中で決定していきます。また、契約方法によっては1つの契約をするたびに登記関連費用が発生する場合があります。

じぶん銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加