常陽銀行の住宅ローンのお申し込みまでの流れ

常陽銀行で住宅ローンを申し込むまでの流れまとめています。住宅ローンで借り入れる額は、非常に大きなものです。
借入れまでの流れも事前に確認しておきましょう。

地方銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

常陽銀行の住宅ローンは土日も相談できる相談窓口や相談会がある

常陽銀行では、住宅ローンの利用を検討している人たちのため、各種のサポートが提供されています。
ぜひ利用したいのが、銀行の相談窓口です。窓口にはプロの銀行スタッフが対応し、相談内容に対して適切な答えを提供してくれます。

常陽銀行は、地域に根ざした銀行であるのが利用者にとって便利な点です。専門窓口が各地に設けられていて、すぐに訪れることができるのが便利です。
また、平日は仕事や家事が忙しいという人でも、土日に住宅ローンの利用の相談ができる相談会が開かれています。
相談会の利用では、年収や物件など参考になる資料を持参すると、より正確なアドバイスが受けられます。また事前に予約をしておくと、待ち時間が節約できます。

常陽銀行の住宅ローン新規借り入れの場合の流れ

常陽銀行が提供する住宅ローンを新規で借り入れる場合、手続きのための流れがあります。
事前の相談などを経て住宅ローンの利用を決めたなら、事前審査の申し込みを行います。その際、インターネットや窓口からの申し込みが可能です。事前審査の結果は当日で連絡を受け取ることができるものの、場合によっては数日の期間が必要な場合があるため注意が必要です。
事前審査の完了後には、正式に申し込み手続きの段階に入ります。その手続きの際には、ローンサービスの利用者本人が、常陽銀行の店舗や専用窓口を訪れる必要があるため注意が必要です。申し込み書類を作成し必要資料をあわせて提出後、本審査を経た上で、最終的な契約手続きを終え、借り入れが可能です。

常陽銀行の住宅ローン借り換えの場合の流れ

住宅ローンは、借り換えた方がお得な場合があります。
常陽銀行の住宅ローンへと借り換えを検討しているなら、具体的なアドバイスが受けられるので、積極的に相談してみましょう。返済のためのシミュレーションや商品説明をプロの銀行スタッフから事前に受けた方が、納得してサービスが利用できます。

まずは契約に入る前に、借り換えが可能であるかの事前の審査段階を実施します。その結果は、電子メールやあるいは電話、郵送などで連絡が届きます。さらにローンの申し込みを窓口で行い、正式に審査が行われます。審査内容によって異なるものの、およそ5日から10日で審査が完了します。その後、最終的な契約手続きやさらに返済口座の開設などの手続きへと進みます。

常陽銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら
常陽銀行の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加