りそな銀行の住宅ローン諸費用・手数料について

りそなの住宅ローンを借り入れするとき、または借り入れ後に繰り上げ返済をするときなどには、諸費用・手数料がかかります。
住宅ローンの借り入れをする際は印紙税や抵当権設定登記にかかる費用、借り入れ後は繰り上げ返済をする際の手数料がかかります。

都市銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

りそな銀行の住宅ローン借り入れ時に必要な諸費用

りそなの住宅ローンを借り入れするときには、契約時に必要な印紙税、抵当権設定登記に必要な費用、保証料といった諸費用が必要になります。
住宅ローンの契約をする際に、契約書に添付する収入印紙の代金である印紙税がかかります。印紙税は借り入れ金額によってその金額が異なります。例えば借り入れ金額が1,000万円超え5,000万円以下の場合は、印紙税が20,000円かかります。
保証に関しては、まず事務取り扱い手数料がかかり、32,400円かかります。保証料に関しては、一括前払い型なら借り入れ期間によって異なり、金利上乗せ型なら融資金利に0.2%が上乗せされます。抵当権設定登記に関しては、登録免許税が借り入れ金額の0.4%がかかり、そのほかに司法書士手数料などがかかります。

りそな銀行の住宅ローン借り入れ後・繰り上げ返済などの手数料

りそなの住宅ローンの借り入れ後に繰り上げ返済などをする場合にも手数料がかかります。
これに関しては、店頭受付やパソコンテレビ電話で申し込む場合とインターネットから申し込む場合で金額が異なります。
住宅ローンの繰り上げ返済にかかる手数料は、一部繰り上げ返済で店頭受付などから申し込む場合、変動金利型なら5,400円、固定金利選択型なら特約期間中で32,400円かかります。インターネットから申し込む場合は無料です。全額繰り上げ返済で店頭受付などから申し込む場合、変動金利型なら10,800円、固定金利選択型なら特約期間中で32,400円かかります。全額繰り上げ返済の場合、インターネットでの取り扱いができないので、そのときの費用はかかりません。

りそな銀行の住宅ローン条件変更に関わる手数料

りそなの住宅ローンは借り入れ後に条件変更が可能です。
固定金利の特約期間の設定や借り入れ内容の変更で、手数料が必要になります。このときも、店頭受付やパソコンテレビ電話から申し込む場合とインターネットから申し込む場合で金額が異なります。

りそなの住宅ローンなどで条件変更をする場合は、店頭受付などから申し込む場合に手数料がかかり、インターネットから申し込む場合は無料になります。店頭受付などからの申し込みで固定金利の特約期間の設定、または借り入れ内容の変更のいずれも5,400円かかります。借り入れ内容の変更はインターネットでは取り扱いができません。このとき、別途収入印紙代200円がかかります。また、フラット35で借り入れ内容の変更をする場合は、手数料は無料になります。

りそな銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら
りそな銀行の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加