火災保険と家財保険の違い

「火災保険に加入しているので家財保険にわざわざ入る必要はない。火災保険で補償されるだろう。」と考えている人が少なくありません。
しかし、この二つは補償範囲が異なるため、どんな補償なのかを確認し、どこまで補償してほしいのをか決めて加入することが必要です。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

火災保険と家財保険の補償範囲の違い

火災保険と家財保険は、住宅を購入した場合など新しい家に入る際に大抵セットで加入を勧められる保険です。
どちらも家を守る保険ですが、その補償範囲は異なります。

まず、火災保険は建物に損害があったときに補償される保険です。
火災と名前が付いていますが、落雷や水漏れ、盗難といった場合にも保険金が降りるように契約を結ぶことが可能です。
一方、家財保険は住人が生活に使う道具にかけることができる保険です。冷蔵庫や電子レンジからピアノといった、消耗品や食品以外のほとんどの家財が対象になります。
ただし、1個あるいは1組の価格が30万円以上する物については、その旨をあらかじめ明記しておかないと補償されません。また、家財保険は家財全体の補償額の上限があり、これは家族構成などで変わります。

火災保険と家財保険で保証されるケースの違い

「火災保険と家財保険、両方に入るのは手続きが面倒。保険料が気になる。」という場合もあるでしょう。
しかし、この2つの保険は補償範囲が異なるので、保証されるケースも違ってきます。
たとえば、火災保険にだけ加入していて火災で家が全焼した場合、建物について保険金は出ますが、家財については何も補償されません。また、空き巣に入られて家財や貴重品を盗まれたとしたら、契約の内容によっては一定金額は補償されることもありますが、ほぼ泣き寝入りするしかなくなってしまいます。
逆に、家財保険だけに加入していた場合、今度は火災で家が全焼したとしたら家については何も補償がないのです。
そして、風や雹で屋根に損害があったけれど家財は無事だったというときには全て自分の資産で修理をしなければなりません。

火災保険と家財保険の保険料の違い

火災保険と家財保険は、できるだけ別々に用意したいところです。
しかし、用意するための保険料はどれくらいかかるのでしょうか。

火災保険は、一戸建てか賃貸か、どのような材質で作られているかといった建物の条件と、どのような内容で補償するかによって金額が変わってきます。
一般的には一戸建ての方が割高です。また、木造など耐火性の低い建物の場合も割高になります。基本の補償にプラスする特約もありますが、当然特約を増やせば高額になっていきます。
一方で家財保険の場合は、基本的な家財はどの家庭でもほぼ同じなので一戸建てでも賃貸でもあまり変わりません。1万円前後が相場と言われています。もちろん、家具の種類や保険金額で違いはありますので、見積もりを取って確認する必要があります。

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加