火災保険の種類とは

火災保険とは、火災や落雷や爆発や破裂や台風などの災害で被害にあった場合、建物や家財を対象に損害が補償される保険の事です。
火災保険にはいくつかの種類があり、その用途によって加入する保険が違ってきます。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅用の火災保険は大きく分けて二種類ある

住宅用の火災保険には、大きく分けると住宅火災保険と住宅総合保険の二種類があります。

<住宅火災保険>
火災や落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災などによって、損害があった場合に保険金を受け取る事が出来るのです。

<住宅総合保険>
前者の被害の他に、物の落下や飛来、衝突、倒壊、水漏れ、騒擾などの集団行動や労働争議、盗難、持ち出し家財の損害や水災などによって、損害が生じた場合に保険金が受け取れるようになっています。また家財を保険の対象にする場合には、契約時に30万円を超える貴金属や美術品などを申込書に書いておかなければ保険の対象にはなりませんので、注意が必要となります。そして建物を保険の対象にする場合には、畳や建具や電気やガスや冷暖房設備、門、塀や垣、物置や車庫なども対象となります。

住宅総合保険とは

あらゆるリスクに対応する事の出来る住宅総合保険は、戸建てや分譲マンションでほとんどの方によって選ばれています。
また現在販売されている火災保険のほとんどが、建物と家財に対する保障が一緒になっている総合保険です。

この保険は、一般的な火災保険と比べると様々なリスクに応じる事が可能です。
例えば、物の落下や衝突や漏水や盗難や水災です。これらは、一般的な保険では対応する事が出来ません。そのため賃貸住宅よりも投資金額の大きい戸建てや分譲マンションでは、家財にも多くの費用がかかっている傾向にあるため、被害に合うと多額の損害を生じる場合があります。そういった事を避けるためにも、住宅総合保険に加入しておくことをオススメします。

住宅火災保険とは

住宅火災保険は、火災保険の中でも最も定番となる商品です。保険の対象となるのは、火災以外にも落雷や破裂や爆発、風やひょう、雪災などを対象となります。住宅総合保険とは異なり、外来物の落下や盗難などは対応していません。
従来までは人気のあった商品なのですが、より様々なニーズに対応できる住宅総合保険がたくさん出回ってきたため、人気は下降気味にあります。新築物件、中古物件や分譲マンションなどでは、自分の持ち家であるため賃貸物件よりも建物や家財に高い費用が使われている事が多い傾向にあるので住宅総合保険に加入する必要はありますが、賃貸物件の場合は、住宅火災保険で十分対応できる範囲にある場合があります。
必要な補償内容を確認し、最適な保険の内容は見積りを取り判断することをオススメいたします。

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加