火災保険の必要性

火災保険を利用していたり、あるいはこれから加入する人は、火災保険の必要性について疑問に思うこともあるかと思います。
火災に備えて加入する保険が、実際にどのような効果をもたらしてくれるのか、知っておいて損はありません。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

火災保険に入っていることで補償される内容

火災保険に加入するのは、万が一の建物の火災の被害に対して、補償で備えるためです。
この保険の必要性を知る上で、どのような理由により保険が適用されるのかを理解しなければなりません。

補償の対象となるのが、火災による建物の損傷です。またその他にも、落雷や破裂、あるいは爆発といった、各種の災害による被害が要因となって被害が生じた場合、補償を受け取る権利が発生します。加えてこの保険では、盗難やあるいは物の衝突、落下などによる損傷、水濡れなどによる被害も補償の対象です。火災保険と聞くと、火災の被害のみが対象というイメージがあります。しかし実際には、幅広い範囲で住宅の損傷を補償してくれる便利な保険サービスです。

火災保険に加入する必要性~持ち家の場合~

持ち家を所有している人は、火災保険に加入するのが定番です。
いざという時に備えて保険に加入していると、所有者にとって安心感が大きいです。また、持ち家における保険の必要性として、保険への質権設定があります。

住宅購入時に住宅ローンを利用していると、借り入れ金返済のための債務が残ります。たとえ火災により住宅が喪失した場合であっても、借り入れ金の支払いを継続する必要があります。そこで、火災保険に加入し、補償額の受取人を住宅ローンの債権者に設定します。
これは、住宅が火災で失われ、住宅ローンの債務だけが残るという事態を避けるためです。火災の被害により多重債務に陥る将来の可能性を考え、保険で備えておく必要性は高いです。

火災保険に加入する必要性~賃貸の場合~

火災保険の必要性は、賃貸物件の利用の際にも求められます。
住宅を借りる場合、所有者から保険への加入を要求されるケースが多いです。万が一の過失により、借りている住宅が火災などで損傷した場合、借り主は所有者に賠償責任を負います。過失の火災などによる損傷被害が大きければ、それだけ賠償額は大きな借り主の経済的負担になりかねません。そこで、賠償責任を負った場合に備えての保険への加入が必要です。

実際に火災による被害が起こると、その賠償に必要な額は、とても個人の試算だけでまかなうことができないのが実状です。
それだけに、たとえ賃貸物件であったとしても、借り主自身が賠償に備えて保険に加入する必要性が認められます。

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加