住宅ローンとがん保険について

住宅を購入する時、住宅ローンを借りることが一般的です。金融機関では、団体信用生命保険に加入することを条件としている所がほとんどです。
この保険は、契約者が死亡または高度障害になった場合に、保険金でローンを相殺してくれます。
しかし、それ以外の場合は対象外となるため、病気などで返済できなくなる場合に備えた「がん保険」などがついた住宅ローンもあります。

住宅ローンと生命保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンを借りるときに入る団体信用生命保険とは

住宅購入時に金融機関などで住宅ローンを借りると、団体信用保険の加入が条件となっている場合がほとんどです。
団体信用保険とは、ローンの契約者がローン返済途中で死亡したり、高度障害になり返済が難しくなった時、残りのローンの返済額を保険金によって支払うものです。金融機関にとっては滞納や不良債権にならずに済むメリットがあり、ローン契約者にとっては返済金額の残高がゼロになるため生活の安定がはかれるメリットがあります。保険金は、金融機関に支払われる形になるので、ローン契約者が直接受け取ることはありません。また、保険金が支払われるのは、契約者の死亡時か高度障害になった時のみで、それ以外では支払われません。ほとんどの金融機関の住宅ローンには保険料が金利に含まれているため、別途保険料を支払う必要はありません。

◆こちらの記事もチェック:
団信(団体信用生命保険)で気をつけるポイント
◆参考記事:100人へのアンケート調査
人におすすめしたくなる住宅ローンのサービスって何?

がん保険付き住宅ローンなら、もしもの時に住宅ローン残高が0円になる

住宅ローンに加入時に契約する団体信用保険は、ローン返済者の死亡か高度障害状態になった時でないと、保険金は支払われません。それ以外の病気やケガなどで働けなくなったとしても、ローンは返済し続けなくてはいけません。そのような場合にローンの返済をサポートしてくれる保険付きのローンが色々あります。
がん保険付き住宅ローンは、がんと診断されたらローンの残高が0円になる保険です。ローンの返済を気にすることなく治療に専念でき、家を失う心配もなく家族の生活も安定します。契約者が男性の場合、配偶者の乳がんや子宮がんなど女性特有のガンまで保障してくれるものもあります。保険料は金利に上乗せされるか、別途支払いが必要となります。

◆こちらの記事もチェック:

住宅ローンと癌(がん)の関係

がん保険付き住宅ローンでも支払対象でタイプがあるので注意が必要

がん保険付き住宅ローンでは、保証開始日以降に契約者が生まれて初めてガンになり、医師の診断確定を受けてはじめて住宅ローンの残高が保険料によって支払われます。ガンになったことがある人は入れません。また、年齢や勤続年数などの入会条件が付いている保険もあります。
支払い対象は、主に悪性脳腫瘍や胃がん、大腸がん、白血病などの悪性新生物(がん)となっており、大腸の粘膜内がんや膀胱や尿路、乳管などの非浸潤がんを含む上皮内がん(上皮内新生物)や皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは保障の対象外となっているため注意が必要です。一般の生命保険でがん保険に加入している場合は、補償内容が重複する場合もあるので、加入する前にしっかり調べて選ぶ必要があります。

◆こちらの記事もチェック:
常陽銀行の住宅ローンのがん・三大疾病・8大疾病保障
◆参考記事
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加