住民税からも控除される!住宅ローンを借りる際には勉強が必要!

住宅ローンの負担を少しでも軽くするために、控除が受けられるものがあればきちんと調べて申請するのがベストでしょう。
そんな住宅ローンが所得税から控除されるのは割りと知られている話ですが、実はある一定の条件を満たせば住民税からも控除されます。
この知識を持ち合わせている人はどれくらいいるのでしょうか。全国の男女100名にアンケートを取って調べてみました。

住宅ローンの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!
住民税からも控除される!住宅ローンを借りる際には勉強が必要!

【質問】
住宅ローンの控除は住民税からもできることを知っていますか?

【回答数】
はい:37
いいえ:63

知らない人が6割越え!勉強不足を痛感する人も‥

アンケートの結果、6割を超える人が知らないと回答しました。

・知らなかったです。自分で調べないと学校では教わらないから大変です。(40代/男性/無職)

・知りませんでした、もっと勉強しておかないといけないんでしょうね。(40代/女性/会社員)

・知りませんでした。住民税の対象になるのであれば、実施すれば良かったと思います。(50代/男性/公務員)

・住宅ローンを組んだことがないので、住民税なら控除ができることは知らなかった。(20代/女性/専業主婦)

知らない理由として調べる機会がなかった、住宅ローンを組んだことがないからといった意見がありました。知っていれば申告できたといった後悔の声も見られました。

税金などと違って控除に関しての通知は積極的に来ることはないので、住宅ローンを組む時に自分で調べたり専門の知識を持つ人を頼らないと損をしてしまうと言えるのではないでしょうか。

自分で勉強をしたから!仕事柄知っていた人も。

知っていると答えた人は知らない人よりも少ないことが分かりました。

・会社で、社員の年末調整の資料を取り扱っているので、知っていました。(30代/女性/会社員)

・住宅ローン控除は住民税からもできることを不動産屋から教えてもらいました。(30代/男性/会社員)

・ローンを組む際に銀行のローン担当者から説明を受けたので何となくは知っていました。(30代/男性/会社員)

・住宅を購入しようと考えているので、色々調べて知っていました。(30代/女性/会社員)

知っているという理由について会社で年末調整を取り扱う仕事に携わっていたから、住宅ローンを組む際に銀行の担当者や不動産から聞いたという意見が見られました。

仕事や専門の知識を持つ人と関わることで知ることができた様子が窺え、住宅ローンが住民税から控除されることは一般には良く知られていない知識であると言えるでしょう。

また自分で勉強をしたという意見もあり、住宅ローンの控除については自らが興味を持って調べる必要があるようです。ローンに関する知識があるかないかで、家計に大きな違いが出てくるのではないでしょうか。

住宅ローンを組む時は自分でしっかり勉強を!

アンケートの結果、住宅ローンが住民税から控除されることを知らない人が大半であることが分かりました。

知っていると答えた人は仕事で関わる機会があったり、専門の知識を持つ担当者から教えてもらったことや自分で勉強したことが理由でした。

一般的に知ることができる知識ではないことが分かり、ローンを組む時は専門の知識を持つ人に頼ったり、自分でしっかり調べたり確認をする必要があると言えるでしょう。知らないと後悔をすることもあるようです。

大きな金額を払う住宅ローン、少しでも減らしたい人は多いのではないでしょうか。そのためには積極的に知識を身につけたり、情報をチェックすると良いかもしれませんね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年10月21日~2015年11月04日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加