住宅ローンの年齢・年齢制限や限度~何歳まで借りれる?~

住宅ローンは返済の関係上、年齢に制限が加わってきます。
将来ローンを組んで住宅を購入するのであれば、何歳まで借り入れができるのか、何歳までに返済しなければならないのか、しっかり把握しておく必要があります。

住宅ローンの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンの年齢制限について

住宅ローンは、契約後長期的な支払いが必要となるローンですので、借り入れ時の最低年齢が20歳以上とされていることはもちろん、上限も決められています。そのために、多くの金融機関が審査項目に採用しており、年齢によっては長期の住宅ローンが組めなくなる場合もあります。一般的には65歳から69歳程度までと決められており、75歳から80歳が完済時期の上限となり、返済完了年数に該当します。

ただし、職業や資産の残りなどの条件次第で変わり、総合的な判断の元、審査の結果が異なります。自営業と定年退職間近の会社員では、同じ年齢でも審査条件が違いますし、退職金で繰り上げ返済予定や勤めていた企業の規模などで、金融機関側が貸し出しやすい場合もあります。

住宅ローンの借り換え時の年齢制限について

住宅ローンの借り換え時の年齢制限について、金融機関ごとに借り入れ時の年齢制限が異なるので、一概には言えないです。現在の年齢や完済時の年齢にも上限が設けられているため、その場の判断になります。

借り入れ時の年齢や借り換えの際の年齢が高いと、返済期間が短くなり、比例して返済完了年数にも影響を受けるため、高齢になるほど借り換えが難しくなるので注意が必要です。

一般の会社員であれば、40代までは借り換えしやすいですが、50代を超えると条件が厳しくなり、審査に通ることが困難になる可能性があります。他にも年収や勤続期間や住宅ローンの返済実績なども加味されていきます。若いうちであれば融通が利きますが、年を重ねるごとに制限が厳しくなります。慎重に行動しましょう。

35年の住宅ローンが組める年齢は45歳で80歳までの返済!?

住宅ローンを申し込めるリミットを逆算することができます。たとえば35年のローンを組むことが可能な年齢は、45歳となります。なぜなら住宅ローンの申し込みには、団体信用生命保険への加入が必要であり、80歳までが加入可能な年齢だからです。それゆえに、多くの金融機関では、20歳以上から70歳までの人を申し込み可能として、80歳までに完済することを条件としています。

35年の返済を実現しようとすると、80歳までに完済しなければならないので、45歳が申し込みのリミットとなります。会社員は、給与収入面から返済負担率を計算してクリアーして、借り入れできたとしても、65歳からの10年間は年金から返済していく方多い傾向にあります。

◆こちらの記事もチェック:
住宅ローンの審査!通りやすい年齢って何歳だと思う?
住宅ローンの親子リレーについて~親から子へ~
住宅ローン貧乏~マイホーム購入!老後貧乏になる?~

◆参考記事
憧れの我が家を購入!住宅ローンは何歳までに払い終えたい?

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のように住宅ローンの年齢制限に対する心配事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加