住宅ローンの頭金

マイホームを購入する際には住宅ローンを組むことができますが、頭金・自己資金・諸経費という概念を理解して計算しておく必要があります。

住宅ローンの金利

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

頭金と自己資金のポイント

まず理解しておくべきなのは自己資金ですが、これは総貯金額の中から生活に必要な費用を引いた上で、住宅の購入に使うことのできる金額のことです。

ここで注意が必要なのは、自己資金の全額を頭金にしてはいけないという点です。
住宅ローンには諸費用が必要になりますから、必ず自己資金から先に諸費用を計算しておく必要があります。

すべての諸費用を計算した上で、残った金額を住宅ローンの頭金として準備することができます。
しかし、先に頭金を決めてしまうと、後になって諸費用が不足するという問題が起こることがあります。

頭金を計算する際には、諸費用に手数料や保険料だけでなく、引越し費用や新しい家具などの費用も含めておきましょう。

頭金の目安

準備する頭金の金額はどのくらいが相場なのでしょうか。

以前から一般的に、住宅ローンには融資限度額があり、住宅の購入に必要な金額の約8割までと言われてきました。
そのため、頭金の目安は住宅の購入に必要な金額の約2割くらいを準備するというケースが多いようです。

しかし最近では、住宅購入に必要な全額を100%借り入れることのできる住宅ローンがほとんどになってきています。
例えば、諸費用に必要な金額まで借り入れることのできる住宅ローンもありますから、頭金だけでなく自己資金がなくてもマイホームを購入することもできるのです。

とはいえ、頭金が多ければ多いほど、住宅ローンを利用する上でも有利になります。
当然ですが、頭金が多いほど住宅ローンの借入金額が少なくなりますから、必要な金利も少なくなり審査や返済がより容易になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加