住宅ローンの固定金利(固定期間選択)について

住宅ローンを組むときに迷うのが、どの金利を選ぶかという事です。
住宅ローンは同じ率の金利が適用される期間によって選択肢が分けられます。
全期間固定金利、固定金利(固定期間選択)、変動金利の3種類あります。ここでは全期間固定金利と固定期間選択金利について説明します。

住宅ローンの金利

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの全期間固定金利とは

住宅ローンの全期間固定金利とは借り入れ時の金利が返済終了まで変わらず固定されるタイプのものです。当初10年間一律で11年目以降は当初より金利が上がるものもありますが、その金利も借り入れ時に決まっています。

一般的に変動金利の商品よりも金利は高めに設定されていますが、毎月の返済額や総返済額が分かりやすく、将来の返済計画が立てやすくなります。ライフプランに沿って他の出費にも対応しやすいので、確実にローンを返済する計画を組むことができます。

また、固定金利の長期金利タイプは好景気になれば金利は上昇し、不景気になれば下降する傾向にあるものです。将来を通して金利に左右されず安定した返済額が保証されているのは固定金利ならではの利点です。

住宅ローン固定期間選択とは

住宅ローン固定期間選択金利とは借り入れ時の金利が2年、3年、5年、10年など一定期間のみ金利を固定し、固定期間が終わると変動金利になります。また、変動金利に代わるときに再度固定金利を選択することもできます。固定期間が短いものほど金利が低い傾向にありますが、金利変動幅に上限はないため、金利が上昇すると返済額が膨らむ場合があります。

一定期間の金利は安定しているので、その期間の返済計画は立てやすくなります。金利の予想が立てづらく、今後金利が上昇する場合は固定金利のままを選択し、金利が下降するようであれば変動を選択するという将来的に有利な金利をその都度選べるところが特徴です。配偶者が職場復帰やパートに出るなどの予定があるときに、当初は固定金利で安定して返済し、その後の増えた分の収入を踏まえてローンを見直すことなどができます。

住宅ローンの固定金利型の特徴と向いている人

住宅ローンの固定金利は景気に左右されず安定的にローン返済できることが最大の特徴です。

変動金利よりは金利が高めに設定されていますが、金利の先行きを考えたり、リスクを負うことを苦手とする人は固定金利が向いているでしょう。将来の計画も立てやすく、旅行や教育費などライフプランを考えて堅実に返したいと考えている人にもおすすめです。

また、借り入れ率が高く将来金利が上がったときに返済額が膨らみ、家計をひっ迫する恐れのある場合や、収入の上昇があまり見込めない場合は安定的に返済額が決まっていた方が、着実にローンを返済することができます。別の投資などで資産運用を行っており、そちらでリスクを負うので住宅ローンは安定した返済を行いたいという考え方の人にも向いています。

◆参考記事
住宅ローン変動金利と固定金利の違い
住宅ローン金利のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加