住宅ローンを組む際に重要な金利!調べる時に何を利用しますか?

マイホームを購入する際、一般的に長期の住宅ローンを組んで、月々決まった額を返済していくという人が多いかもしれませんが、やはり気になるのはその「金利」ですよね。
借入額が数千万円の住宅ローンであれば金利が少し違うだけでトータルの返済額が数十万単位で変わってきます。
そこで少しでもお得な住宅ローンを探すために、どんな方法で金利について調べている人が多いのかアンケートで調査をしてみました。

住宅ローンの比較方法

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンを組む際に重要な金利!調べる時に何を利用しますか?

【質問】
住宅ローンの金利情報を調べる際、どこで調べていますか?

【回答数】
金融機関の店舗やホームページなど:80
新聞・雑誌:1
金融機関を除くウェブサイト:14
親族・知人:1
その他:4

8割が「金融機関の店舗やホームページ」を使って調べている!

アンケートの結果、8割の人が住宅ローンの金利を調べる際に「金融機関の店舗やホームページ」を利用しているようです。

実際に借り入れを検討している金融機関で直接調べるのが一番確実ですね。(50代/男性/士業(弁護士・会計士など))

店舗やホームページが一番確実だと思えるからです。金利は、死活問題ですから。(40代/女性/パートアルバイト)

好きな時に、ゆっくりと見られるので、ネットで確認するのが一番手軽でいいです。(30代/女性/専業主婦主夫)

金融機関のホームページのお関連情報ページを片っ端から調べてみる。(30代/男性/会社員)

実際に自分で直接調べた方が確実な情報が得られると考える人もいるようです。わざわざ店舗に出向いて調べる人よりも、自宅でゆっくり見られるなどのメリットから、ホームページを利用して調べている人の方が多いのかもしれません。中にはホームページを片っ端から調べるという人もいて、やはりそれだけ金利が重要なポイントという現れなのでしょう。

中には「ウェブサイト」を活用している人も!

次に多かったのは「金融機関を除くウェブサイト」でしたが、どんなサイトを利用している人が多いのでしょうか?

住宅ローン金利の比較を行っているネットサイトで比較しました。(20代/男性/会社員)

インターネットのクチコミや比較サイトが便利。金融機関のホームページは自社の都合の良いとこしか書かない(30代/女性/自由業・フリーランス)

口コミサイトなどを調べます。玉石混交ですが、利用者の本音を聞けそうです。(40代/女性/パートアルバイト)

住宅ローン比較サイトでざっくりランキングやメリット、デメリットをチェックして候補を絞り込んでから金融機関のホームページを熟読しました。(40代/女性/専業主婦主夫)

ウェブサイトの中でも「比較サイト」や「口コミサイト」を利用しているという回答が目立ちました。金融機関のホームページには恐らくマイナスの内容は書かれていないので、口コミサイトなどを利用しているという声も。中にはまず比較サイトを利用し候補をある程度絞った上で、各金融機関のホームページを調べると言う風に、上手く組み合わせて利用しているという人もいるようです。

住宅ローンの金利を調べるためにインターネットは必須?!

今回のアンケートで「金融機関の店舗やホームページ」「ウェブサイト」と答えた人を合わせると9割を超える事から、住宅ローンの金利を比較する際にインターネットを活用している人がほとんどのようです。確かにパソコンやスマホがあれば簡単に自宅で検索する事が出来ますので便利ですよね。やはり住宅ローンを組むとなると家計に与える影響も大きいですし、無駄のないように比較サイトやホームページなどの情報を上手く組み合わせて検討するのが、一番手軽で効率的かもしれませんね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年03月11日~2015年03月25日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加